Plaza de Montes〜青空ヒュッテ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐松岳・前篇

<<   作成日時 : 2009/08/11 14:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


唐松岳 2009.8.9(Sun)

【データ】
●標高:2,696m
●標高差:約1,170m
●歩行距離:往復約10km
●ルート:黒菱駐車場〜黒菱平〜八方池山荘〜第3ケルン〜丸山〜唐松岳頂上山荘〜唐松岳のピストン
●アクセス:道の駅白馬から約30分で八方交差点、和田野の森から黒菱林道を経て駐車場まで約30分。※林道は舗装してありますが、道幅が狭いので対向車とのすれ違いには要注意。

【行程】
ようやく夏山シーズン到来です 当初は7月末に夜行バスに乗って日帰りで鳥海山に行く予定でしたが、中国地方での集中豪雨がそのまま東北まで移動するという天気予報を鵜呑みにして、交通や宿泊のキャンセルチャージが発生しないように2日前にキャンセルしてしまいましたが、結局前日の天気予報で晴れに変わり、大失敗しました

次に予定したのは北アルプスの西穂高。今年のGWにロープウェイで展望台まで行って観光してきましたが、今度はちゃんと登山で行こうということに。当初の予定では晴れということで、山頂からの大展望を期待していたのですが、日が近づくにつれ雨マークに変わってしまいました 今回は、北アルプスを前夜泊日帰りして、下山してから松本市内のビジネスホテルに一泊するという予定を立てていたので、北アで晴れそうな他の山を探したところ、行動予定時間帯に雨マークがつかなかった唐松岳に決定しました。去年白馬〜唐松を縦走したばかりですが、天気が悪くて楽しみにしていた八方池からの逆さ白馬三山を見ることができなかったので、今回はそれを目的に行くことにしました。



8月8日(土)の午後2時に自宅を出発して、一路長野を目指します。日中のニュースでは既に各地でUターンラッシュの渋滞が発生しているとのことでしたが、普段より混雑しているものの、渋滞にハマることはありませんでした。途中で激しい雷雨となり、諏訪のSAでは傘が役に立たないほどの豪雨に見舞われました。こんな状態で明日の登山は大丈夫だろうか・・・と思いつつ先を急ぎます。

今回も父が同行し、私たちの登山中は安曇野観光をするということで、豊科ICで高速を降りて豊科駅で父と別れました。この時点で19時すぎでした。途中のケンタッキーで夕飯を調達し、道の駅安曇野松川(よってっ亭まつかわ)の駐車場でご飯を食べました。トイレで歯磨きを済ませ、途中のコンビニで明日の朝食&昼食を購入し、道の駅白馬で仮眠をとることに(黒菱まで行くと携帯の電波が入らなそうだし、山の上だと色々物騒じゃないかということで)。到着したのは21時半ごろでしたが、駐車場はほぼ満車でした。みんな考えることは同じようです。その後も何台か車が到着していました。



3時起床。まだ周りの誰も起きていません。真っ先に携帯電話で天気予報を調べると、昨夜までと同じく、6時まで曇り、12時まで晴れ、18時まで雨という登山にはもってこいの予報でしたトイレに寄ってから、3:30に駐車場を出発します。八方の交差点を過ぎ、長野オリンピックの看板を左手に曲がって和田野の森に入り、別荘地帯を抜けて黒菱林道に入ります。まだ真っ暗で、カーナビを頼りに細い道を進んでいきます。ただ、こんな時間なので対向車が来ることはないので、その点だけは安心して進めました。

4:30に黒菱駐車場に到着。駐車場は5割くらい埋まっている感じでした。まだ暗かったので、もうしばらく仮眠をとることに。しばらくすると、車を打つ雨音が・・・ 絶望に打ちひしがれながら、しばらくすると明るくなってきたので、のそのそと身支度を始めます。5時になって、急に雨がやみ、母の顔が途端にパッと明るくなり「行くよ」とあわてて装備を整えて車を出ました。

画像

駐車場から見たモルゲンロートに染まる白馬鑓


画像

この駐車場からはリフトも出ていて、黒菱平で八方からのゴンドラルート(八方アルペンライン)と合流します。八方からだと八方池山荘まで往復で2,600円もかかりますが、黒菱第3リフト〜黒菱平〜八方池山荘の黒菱ラインだと往復1,000円で、半額以下になります。ただ、この日は始発が6:40で、とてもそれまで待ってられないということで、八方池山荘まで徒歩で登ることにしました(5:20出発)。

画像

頑丈に鎖で閉じられたゲートをくぐり、急傾斜の舗装路を登っていきます。駐車場から黒菱平まで、準備運動を兼ねたゆっくりペースで約30分の道のりです。

画像

振り返ると熱気球が。結局この日は飛ばなかったようです。


画像

5:50に黒菱平に到着 左手の木道を進むとグラートクワッドの乗り場に着きますが、ここは右手の木道を進んで徒歩で八方池山荘を目指します。

画像

リフトの向こうには五竜&鹿島槍が見えました。
展望は利くのに、結局雨が降ったりやんだりで、そんな天気が一日中続きました


画像

↑クリックで拡大↑

6:25に八方池山荘に到着。駐車場からは約1時間でした。白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)が見えます。八方池山荘にはキレイな水洗トイレがあります。ここでトイレ休憩をして6:35に出発。

画像

↑クリックで拡大↑

白馬三山のパノラマ。


画像

先ほどよりはっきりと見えている五竜&鹿島槍。


画像

ふもとの様子。




八方尾根は花の宝庫ということで、色んな花が咲き乱れていました。


画像

タカネイブキボウフウ


画像

タテヤマウツボグサ?


画像

クルマユリ


画像

7:25に八方ケルンに到着。


中編に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
唐松岳・前篇 Plaza de Montes〜青空ヒュッテ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる