Plaza de Montes〜青空ヒュッテ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 那須岳

<<   作成日時 : 2008/10/05 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


那須岳 2007.10.28(Sun)

【データ】
●標高:最高峰・三本槍ヶ岳@1,916.9m(※今回はどこのピークにも登りませんでした。)
●標高差:約500m
●歩行距離:約10km
●ルート:那須岳山麓〜峰の茶屋避難小屋〜朝日岳分岐〜清水平〜熊見曽根〜朝日岳分岐〜峰の茶屋避難小屋〜牛ヶ首〜峰の茶屋避難小屋〜那須岳山麓
●アクセス:東北新幹線で東京から約1時間で那須塩原へ。東北本線に乗り換えて1駅(5分)の黒磯から、東野バスで那須岳ロープウェイ行きのバスで1時間で山麓駅に到着。

【行程】
昨年の紅葉登山は、当初八ヶ岳の天狗岳を予定していましたが、クチコミ情報で、那須岳の紅葉が素晴らしいということだったので、急遽行き先を変更。しかし、またしても雨女ぶりを発揮して、天気予報が雨となっていましたが、台風が発生したことにより、日曜日に台風一過で晴れの予報となったので、慌てて準備をして那須岳に向かいました。



28日の3:30に起床して、最寄り駅の始発がまだなのでJR藤沢駅まで30分ほど歩き、5:04の始発電車で東京へ。6:12のやまびこ201号で那須塩原に出て、東北本線に乗り換えて黒磯へ。バスを待つのは那須岳へ向かうハイカーのみでした。強風のためロープウェイが運行中止との情報が入りますが、とりあえずバスでロープウェイ駅まで向かいます。

当初の予定では、ロープウェイで山頂駅まで出てから茶臼岳に登り、牛ヶ首から一度紅葉の名所という姥ヶ平に下りて、峰の茶屋まで登り返し、朝日岳を経て那須岳最高峰の三本槍に登るという約10kmの7時間コースだったのですが、ロープウェイの運行中止により山麓駅は人で溢れかえっていて、ちょうど運行再開になりましたがとても1台目には乗り切れない様子だったので、山麓駅から歩いて峰の茶屋まで登ることにしました(9:15)。

画像

峰の茶屋までの登り。しばらくは階段の道が続きます。この日は台風一過で素晴らしい青空に恵まれました

画像

(↑クリックで拡大↑)

朝日岳の南斜面をバックに記念撮影。素晴らしい紅葉が見れるものと期待していたのですが、残念ながらピークは過ぎて、しかも昨日の台風により葉が落ちてしまったらしく、山肌は殆ど枯れ木で覆われていました・・・

画像

10:00に峰の茶屋に到着 当初の予定と変わったので新たなルートを検討して、とりあえず最高峰の三本槍を目指すことにしました。すぐ先の剣ガ峰の巻き道手前で、中年パーティーの1人が音を上げて引き返していました。

画像

そんなに危険なルートがあるのかと思ったらギリギリ2人が通れそうな道幅が続いていました。普段あまり山をやらない人だとこの程度でも怖いのかな?と思いながら進みます。目の前に朝日岳の崩れ落ちた荒々しい斜面が聳えていました。

画像

巻き道を抜けると目の前に鋭い岩峰が。


稜線の道は段々細くなっていって、人一人がやっと通れるほどに。剱岳に登ったばかりだったので、それでもシッカリした普通の道という認識でしたが、周りの登山客は結構ペースが落ちて慎重に進んでいました。鎖もありますが、殆ど必要ないほどです。こんなに過保護なほどに道が整備されているので、登山経験の少ない人でも登ることができるようになっています。この危険箇所を抜けるとすぐに朝日岳分岐にたどり着きます(10:35)。

画像

崖の手前には「立入禁止」の標識が立っていました。


画像

(↑クリックで拡大↑)

朝日岳分岐から朝日岳を見上げます。ナナカマドは真っ赤に色づいていましたが、紅葉は殆ど終わっていてここまでは期待外れでした。もしかしたら三本槍の方はまだ紅葉が残っているかもしれないと思い、とりあえず朝日岳のピークは踏まずに先を急ぎます。尾根上の展望の良い道を進みますが、紅葉はどこも終わっていました

画像

天気だけは上々で、遠くに表日光連山の男体山の雪を被った姿を見ることができました。

画像
所々に紅葉の名残があって、これが斜面一杯に広がっていたのか・・・と空想の世界で紅葉を堪能しました

画像

熊見曽根から高度を下げて清水平へ(11:10)。少し急な階段を下りていきます。

画像

清水平の木道を通って進むと熊笹やハイマツで覆われた平坦な道が続きます。

三本槍の頂上まであと30分ほどの地点まで来ましたが、ここで思わぬハプニングが 昨日の台風による雨のせいで、登山道が水没しており、殆ど小川のような状態になっていました 雨上がりでぬかるんでいる箇所もあるだろうと思ってスパッツを用意していましたが、とても太刀打ちできるような水量ではなく(特に帰りに新幹線に乗ることを考えると、できるだけ服を汚したくなかったので。。。)、紅葉も思ったほどではないしわざわざ泥だらけになってまで頂上を踏むこともないと思い、引き返すことにしました あまりにも余裕がなくて、写真を撮り忘れてしまいました(苦笑)

画像

サビた清水平の標識。奥のピークは熊見曽根です。

画像

清水平の木道から三本槍を振り返ります。その名前から「三本の尖った槍」のような山容を想像していましたが、実際にはこんなになだらかな山でした。何でも三国の武将が頂上に三本の槍を立てたことが名前の由来らしいです。・・・紛らわしいことこの上なし

画像

清水平の木道と朝日岳。この辺は人もまばらで静かな散歩を楽しめました



画像

熊見曽根までの登りは、やや急な階段の道が続きます。登りきった地点は広場のようになだらかで広い地形となっていたので、適当な岩に腰をかけて昼食タイム(12:10) しばらくしてから下山を開始しようとした一人の中年男性が「この辺の山は分かりますか?」と声をかけてきました。分からないと答えると、丁寧にも山座同定をしてくれました

画像

遠くに尾瀬の燧ケ岳至仏山まで見えました。


帰りがけに朝日岳に登ろうか迷いましたが、結局パスして先を急ぎます。予感は的中して、登山経験の少ない人が先に立ち、ペースが遅いのに道を譲ってはくれないので、かなりゆっくりペースになってしまい、結構時間をロスしてしまいました 細い道を抜けたところで声をかけて道を譲ってもらい、そこからは自分たちのペースで進むことができました。

画像

(↑クリックで拡大↑)

剣ガ峰の巻き道まで戻ってくると、朝とは陽の当たり方が違っていて、この日で一番良い紅葉の写真が撮れました

画像

剣ガ峰の巻き道。とても歩きやすい道で、これを引き返すのはかなり勿体無いと思いました。(結局先にもっと危険な箇所があるのでどうせ先には進めなくなるけど・・・)

画像

13:30に峰の茶屋避難小屋跡に到着 立派な木造の小屋が建っていますが、無人です。風除けに使われているようです。まだ時間があったので茶臼岳に向かいました。

画像

噴煙を上げる茶臼岳を見上げます。ここから頂上までは50分程の距離です。

画像

牛ヶ首への分岐点に差し掛かると、右手斜面に所々紅葉が残っていました この日見た中で一番キレイな紅葉(写真には上手く撮れませんでしたが・涙)が広がっていて、これは茶臼岳なんかに登っている場合ではない!と再び行き先を変更して牛ヶ首へ。



峰の茶屋牛ヶ首の登山道から見た姥ヶ平付近の紅葉の名残。各画像をクリックしてお楽しみください。

画像


画像


画像


画像


ピーク時にはこの薄茶けた部分が鮮やかな赤や黄色に染まります。その風景を想像して、来年こそ見ごろの時期に来ようと誓いました。



画像

勢いよく噴煙を上げる活火山の茶臼岳。昨日の雨のおかげでいつもより噴煙の量が多いようです。

画像

火山なので当然温泉がわいていて、辺りは硫黄臭が充満しています。温泉は人肌よりちょっと温かいくらいのちょうど良い湯加減で、手を浸してみると、手荒れがひどい母の手がつるつるすべすべになっていました

画像

(↑クリックで拡大↑)

牛ヶ首から見上げた茶臼岳(13:55)。噴煙とは別に、右手からガスが広がりだしました 時間的に頂上を踏むのはきついので、ロープウェイを使って下りるか峰の茶屋まで戻って歩いて下山するかの選択になりましたが、ガスの広がり方を見て、ロープウェイに乗っても何も見えそうにないので徒歩で下山することに。



ガスが広がりだしたので周りの観光客・登山客は既に下山を開始していたらしく、峰の茶屋まで戻ると殆ど人がいない状態でした。誰もいない道をハイペースで下りていくと、駐車場の手前辺りで先行のハイカーに追いつきました。道が広くなったところで追い抜いてかっ飛ばすと、黒磯行きの15:00発のバスに滑り込みで間に合いました。

バスの車窓から見た那須高原の紅葉は今がピークで、山の上よりもはるかに美しいものでした。これならピーク時に山の上で見たらさぞかし美しいだろうと思い、来年に期待が膨らみます。



しばらくしてバスが渋滞にはまり、定刻どおりなら16:00に着くところが、黒磯駅に着いたのは16:12。予め電車の時間を調べておいたところ、16:15の電車の次は16:35なので、バスを降りてダッシュして電車に乗り込みます ここでも滑り込みで電車に間に合って、那須塩原で16:28の新幹線に乗ることができました 指定席は売り切れで自由席となりましたが、結構空席がありました。



画像

新幹線の車窓からは、夕闇に浮かぶ富士山の姿が見えました。 栃木からでもこんなに大きくはっきり見えるのか、と少し驚きました



台風一過の好天に恵まれたものの、紅葉登山としては失敗に終わってしまった今回の山行。来年こそは、紅葉のピークに合わせて登りに来たいと思いました(特に今回はピークを踏んでいないので、次回はちゃんと山にも登らないと・・・)。

・・・ということで、今年はリベンジで今度の三連休に那須岳に行って来たいと思います 例年の紅葉のピークは10月上旬〜中旬とのことで、例年通りなら素晴らしい紅葉に出会えるはずなのですが。青空の下で美しい紅葉を愛でることができますように

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ
にほんブログ村ランキングに参加しています
登ってみたいと思ったら応援のクリックお願いします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
那須岳 Plaza de Montes〜青空ヒュッテ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる