Plaza de Montes〜青空ヒュッテ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 間ノ岳・北岳(1日目・前半)

<<   作成日時 : 2008/09/20 11:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


間ノ岳・北岳 2008.9.14(Sun)〜15(Mon)

【データ】
*1日目:間ノ岳*
●標高:3,189m(本邦第
●標高差:+1,660m、−309m
●歩行距離:約10km
●ルート:広河原〜大樺沢二俣〜八本歯のコル〜北岳山荘〜間ノ岳〜中白根岳〜北岳山荘

*2日目:北岳*
●標高:3,192m(本邦第
●標高差:+388m、−1,663m
●歩行距離:約6.5km
●ルート:北岳山荘〜北岳〜北岳肩の小屋〜大樺沢二俣〜広河原

●累積歩行距離:約16.5km
●アクセス:中央自動車道甲府昭和ICから約30分の芦安村営駐車場で乗り合いタクシー(1,100円+道路維持協力費100円)に乗って広河原へ。

【行程】
3連休を利用して、テントを担いで1泊で間ノ岳と北岳に登ってきました。

19時前に自宅を出発 中央道の甲府昭和ICで下りて南アルプス街道を約1時間走って無料の芦安村営駐車場に到着。どこも「満車」の看板が立っていましたが、実際に覗いて見ると結構空いていたので、乗り合いタクシー乗り場となっている第二駐車場に車を停めて、22:30過ぎに車中で睡眠を取りました



翌朝。定員9人の乗り合いタクシーの発車時間が5:10なので4:00に起きてゆっくり準備をしようとしたら、既に乗車券が発売されていて、慌てて購入したら、全部で4〜5台のタクシーのうち2台目になんとか座席を確保できました(因みに発車時刻は皆同じで5:10です)。バスより100円割り増しで、バスと同じ発車時刻ですが、到着時間はタクシーの方が10分以上早いので、タクシーの方がお得です。

身支度を済ませ、5:00頃タクシーに乗り込むと、他のお客さんは既に乗車済みで、私は補助席に乗ることになりました。予定より早く5:05の出発になりましたが、ポツポツと雨が降ってきて、車内全体の空気が重苦しくなりました・・・ ベテラン運転手の手荒い運転で山道を疾走し、補助席の私はかなり車酔いしてしまいましたが、大惨事になることなく無事に広河原に到着しました。

画像

5:50にタクシー下り場を出発 ゲートの先の吊橋を目指して歩き出します。

画像

見上げた空は、どんよりとした曇り空・・・ まあ雨が降らないだけマシだと思って先に進みます。

画像

↑クリックで拡大↑

周辺案内図。今日は日本で4番目に高い間ノ岳を目指します。

画像

誰もいない吊橋を渡ります。2人で同時に渡ると結構揺れました。

広河原山荘でトイレを済ませていよいよ登山開始 テント泊装備で重い(約13kg)のと、タクシーでの車酔いでなかなかペースが上がらず、来る人皆に抜かされつつノロノロと進みます。

画像

基本的に沢沿いのなだらかな歩きやすい道が続きますが、時々岩場があって少々苦戦しました。やはり荷物が10kgを超えると結構身体にきますね・・・

歩き始めから2時間ほどして、今度は空腹のあまり殆ど力が出なくなったので、わき道にそれておにぎりでエネルギーを補給して、少しペースアップして先に進みます。

画像

樹林帯を抜けて、視界が開けたときにはちょっとだけ青空が広がっていました。これでもう雨の心配はなさそうでほっとしました。

画像

夏の名残の高山植物たちが花を咲かせていました。殆ど枯れかけていましたが、一部キレイに咲いているものもあって、疲れた身体に元気をくれます

画像

8:30に大樺沢二俣に到着 過去最大級のスローペースだったので、かなり遅れてしまったのではないかと思いきや、実際はコースタイムよりも30分早い到着でした。このペースを維持できれば間ノ岳に行く時間は十分あるのでほっと一安心

画像

背後を振り返ると、青空の下にはっきりと鳳凰三山が見えていました。

再びおにぎりを食べてエネルギーを補給してから二俣を左手に進み、八本歯のコルを目指します。ここからはしばらくお花畑が続きました。

画像

コウゾリナ


画像

クガイソウ


画像

夏ほどではありませんが、立派なお花畑が続きます。


画像

タカネナデシコ


画像

ヤマホタルブクロ




画像

雪渓脇の急斜面をゆっくりと登っていきます。雪渓を吹き降ろす涼風の気持ち良いこと

画像

ときおりガスが下りてきて視界が真っ白になりました。


画像

八本歯のハシゴ連続箇所のスタート地点目の前に聳える北岳バットレス

画像

↑クリックで拡大↑

よく見ると、絶壁にクライマーが取り付いていました


画像

こちらも負けてはいられない、とハシゴの登りを開始します。現在ハシゴ付け替えの最中らしく、殆どのハシゴが新しくなっていました。

画像

重い荷物を背負っているので、ハシゴの連続で体力を奪われてかなりキツかったです

画像

ハシゴだけでなく、急斜面の岩場の登りもありました 幸い後ろから来る人がいなかったので、ゆっくりと自分のペースで登っていきました。

画像

八本歯のコルまであともう一息!左手のハシゴは八本歯の頭方面で、北岳へは右手に進みます。

画像

10:30に八本歯のコルに到着 ハシゴの連続で体力を使い果たしたのでクリームパンを食べて体力を回復させます。

画像

↑クリックで拡大↑

雲の中の間ノ岳


画像

コルから先も、まだハシゴが続いていました。(しかも結構長い

画像

ガスに包まれた北岳山頂。今日は山頂には向かわずにトラバースして、間ノ岳を目指します。コルで30分ほど休憩してから出発しました。

画像

登頂ルートと北岳山荘へのトラバース道の分岐。組み立てる前の新しい標識が地面に置かれていました。

画像

トラバース道の斜面はすっかり秋の気配


画像

幅は狭いですが、なだらかで歩きやすい道が続きます。ここで母はテント設営場所確保のために一足早く北岳山荘に向かい、私はあとからゆっくりと写真を撮りながら進むことにしました。

画像

ガスに包まれた縦走路。北岳山荘からはこの道を通って間ノ岳を目指します。

画像

前回(山行記はコチラ)は花の盛りに来たものの、ガスに包まれてよく見れませんでしたが、今回は晴れているものの、花の盛りを過ぎて枯れた花ばかりでした・・・ 次こそは晴天の下で咲き誇る花々を拝みたいと思います

画像

キタダケトリカブト。9月上旬までの花なのでギリギリ見頃に間に合いました。

画像

ミネウスユキソウ


画像

ハクサンチドリ。8月までの花ですが、まだつぼみがついていました

画像

タカネイブキボウフウ


画像

八本歯方面を振り返ってみました。斜面がほんのり秋色に色づいています。

画像

キンロバイ


画像

北岳山荘まであと一息


画像

12:15に北岳山荘前テント場に到着 コースタイムより45分も早い到着となりました 今回よりも荷物が軽かった前回を上回るペースで、自分の成長を実感しました

母を捜すと、周りが急斜面で近くに他のテントを晴れない絶好のスペースを確保してくれていました ザックをおろして2人でテント設営にかかります。

画像

この撮影ポイントが私達のテントサイトとなりました。他の場所は、殆どよそのテントと隣接する形になります。騒々しい客がいた場合は絶対眠れませんね・・・

テント設営完了後、用意していたアタックザックに荷物を詰め替えて身軽になって間ノ岳を目指して出発します。その前に、山荘外のバイオトイレ(殆どニオイがしないので快適です)に寄って、さらに山荘でテントの受付をして幕営料600円を支払います(水は1ℓ100円)。この日は三連休の賑わいで、山荘は2人で1つの布団を利用するほどの混雑状況だったそうです テントにしておいてよかった・・・
 
1日目・後半に続く

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ
にほんブログ村ランキングに参加しています
続きが読みたいと思ったら応援のクリックお願いします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
間ノ岳・北岳(1日目・前半) Plaza de Montes〜青空ヒュッテ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる